ブログランキング
FC2ブログ

ものづくり現場ですぐに使える品質改善技法解説書

中小製造業でも手軽に導入できる手法・ツール開発!高崎ものづくり技術研究所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

巨大中国、巨像か?それともイノシシか? 

これからの中国経済をどう読むか?難しいところです。

「像のシッポは細くて長い」、「足は太くてどっしりしている」、像の一部に触れた人はこう感想を述べるでしょうが、どれも間違ってはいないのですが、しかし巨大な像の全体を表しているわけではありません。

それほど巨大な中国は、つかみどころがなく、様々な報道や解説が氾濫し、どれを信じればいいのか?情報収集力の乏しい中小企業にとって撤退か、残るのか?それとも積極投資か?判断に迷うところです。

4月16日、「中国の今年1月から3月までのGDPの成長率は7.4%の増加にとどまり、2四半期連続で成長率が鈍り中国の景気の減速が鮮明になった」、と報じられています。

一方で中国の2013年の輸出入を合わせた貿易額は前年比7.6%増の4兆1600億ドル(約437兆円)となり、モノのやりとりに限った貿易では米国を抜いて世界一となりました。

どれも多少の数値の操作はあれど、発表された事実として捉えるしかありません。我々はこれを足掛かりに、裏付け情報を集め、様々な角度から自分なりに仮説を立て、今後の方向性を決定するしかありません。

ネット情報などに頼らず、実際に自分で上海や、北京の街を歩いて、空気を実感することも大切なのです。
この目で実際に見ている限り、この発展した大都市の街並みが中国経済崩壊で、一瞬のうちにゴーストタウン化するとは考えられません。世界中から人々が集まり、様々な形の経済活動が活発に行われ、消費も伸びています。住宅需要も旺盛です。

ところが地方の3~5級都市を実際に訪問すると、住宅や工業開発区などに無理に投資した揚げ句に、建物を造りすぎたり運転資金不足でプロジェクトが止まったりして、大規模なゴーストタウンを産み出してしまった地域を多数見かけます。この状況を目の当たりにした人々は、口をそろえて中国崩壊説を唱えます。

私は時々中国の田舎を訪問する機会がありますが、高速道路は大都市間をつないで、格段に便利になっていますが、その途中に存在する田舎の都市は、道路網や鉄道の整備が遅れていて、言わば陸の孤島と化しています。こんなところに、急に住宅、工業区などに投資しても入居するあてもないのです。狭い日本と異なり、それだけ中国は広く、都市開発一つとっても、簡単ではなく、膨大な費用と時間が掛かるのです。

中国の貿易額は世界一となりましたが、輸出が輸入を上回る構造的な問題を抱えています。中国政府は景気を下支えする手段として、インフラ投資や国有企業の設備投資に大きく依存しています。それが過剰生産を招き、国内でさばききれない商品を安値で海外で売るため、貿易摩擦をしばしば引き起こしています。また非効率なエネルギー消費によって、材料や原油の輸入が増え、そのうえ環境破壊を招いています。

また中国は人民元をコントロールして低く抑え、モノの貿易では世界最大となったのですが、金融などサービス貿易を含めると米国になお及びません。

2013年度のGDPを産業別付加価値額で見ると、第二次産業の付加価値は24兆9684億元で、伸び率は7.8%、第三次産業の付加価値は26兆2204億元で、伸び率は8.3%となり、第三次産業の付加価値は、1兆2520億元多く、伸び率は0.5ポイント上回り、GDPに占める割合は46.1%と、ようやく第二次産業を逆転しました。

輸出額の伸びは堅調なのですが、「世界の工場はなお健在」と見るのはあまりに表面的な見方と言わざるを得ないでしょう。

GDPの消費構成から見ると、個人消費が35%とと先進国に比較して極端に低いこと(約1/2)、いまだに固定資産投資が発展途上国並みの50%を占めていること、などから、表面的な「GDPの成長率7.4%、前期に対して0.1%目標に及ばず、減速傾向鮮明」といった単純な分析では、中国経済の真実は語れません。

ではいったい、中国は巨像と捉えるのか?
それとも、単なる豚やイノシシでしかないのか?

いや、どちらもある面では正しい。だから過大評価することなく、また過小評価する必要もない。場面場面で、冷静に判断していくことが必要なんです。偏った情報に踊らされることなく、自分なりに事実を捉え判断すること。

グローバル経済下、中小企業の経営者は、最低限これくらいの情報収集力と、分析・判断力は必要になってきます。そして、中国は、日本のように画一的な物差しで捉えることはできないし、これからの成長を、長い目で見ていかなければならない国なのです。


■ランキングサイト:ビジネス最新の話題 中国事情が分かる!■
中国関連ブログランキングへ ビジネスブログ100選 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ FC2ブログランキング2 
中小企業の悩み スピード解決!!
モノづくり中小企業 儲かる工場作り改善プログラム
中国上海 試作・小ロット製造スピード受託サービス
ものづくり製造業のための業務マニュアル・パーフェクト作成ガイド!

スポンサーサイト
( 2014/04/19 20:03 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(4)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/11 09:47 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/16 17:05 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/24 07:48 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/29 15:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
サービス一覧
会社概要
支援メニュー


無料サービス 
 ★無料メール相談
 ★無料書式フォーマット
 ★無料メール講座
 
有料サービス
 ★現場で使える技法セミナー
 ★企業訪問セミナー
 ★品質改善解説書販売


現場監督者の日常管理バイブル
スライド2.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/4M変更申請書/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


簡易法で手軽に予防処置が打てる
スライド3.JPG

 ⇒ 目次を見る

★添削問題/FMEAシート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


ヒューマンエラー要因を詳しく解説 スライド4.JPG

⇒ 目次を見る!

★別冊:最新センサー技術/添削問題/ヒューマンエラー予防処置  評価シート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


品質対策の王道を易しく解説
2段階法の習得で確実に不良が減る! スライド1.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/解析フォーマット付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


レーダーチャート解析でで弱みが見える スライド6.JPG

海外工場適用可 ★工程監査/システム監査チェックシート(3000円)


工場、生産工程静電気対策はこれで万全 スライド5.JPG

アース設置、アース配線、静電防止床、イオナイザー設置、静電防止服、靴など
★静電気対策マニュアル(3000円)

検索ワードランキング

検索ワードランキング全集計





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。