ブログランキング
FC2ブログ

ものづくり現場ですぐに使える品質改善技法解説書

中小製造業でも手軽に導入できる手法・ツール開発!高崎ものづくり技術研究所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国貿易 電子手冊の裏話 

手冊とは、中国加工貿易に必要な保税品を管理するために用いる「台帳」を示します。
手冊は大きく分け「電子帳簿」、「電子手冊」、「旧式手冊」の3種があります。

電子手冊と旧式手冊は同等のもので、その差はICカードか、従来の紙製ノートかの違いにしかすぎません。
電子帳簿は、手冊と異なり工場全体が管理対象となり、一貿易に対して一冊の手冊とは管理方法が異なり、社内全完成品、全部材を一冊で総合管理するものとなります。

一貿易一冊の手冊の場合だと、手冊単位に輸入部品を仕分ける必要が生じます。ところが電子帳簿は仕分けをする必要がなくなり、申告は一件で完了します。この電子帳簿への移行は、税関側の負担軽減と、企業に取っても、作業の簡素化、費用の削減にもつながるメリットがあります。

ところが、ここに落とし穴があるのです。
一貿易(一品種)単位の手冊で保税部品を管理していたものが、電子帳簿に変わることによって、工場全体の保税品を一括管理しなければならなくなります。

また手冊単位の場合は、期限が一年であり、時期が来たら保税品をチェックし、問題が発覚すれば対応が可能でした。電子帳簿では、税関によるチェックがいつ行われるか分からず、企業側が過去の状況を指摘されたときに対応が出来るかどうかがポイントになります。

保税部材と手冊の不一致が日常発生している企業では、電子帳簿への切り替えは一概にメリットがあるとは言えないのです。通関諸経費の節約、作業の簡素化のメリットと、保税部材の管理の実態を良く把握し、電子帳簿への切り替えを検討されることをお薦めします。


(過去の記事)
中国加工貿易 手冊のすべて!
中国加工貿易と手冊の裏話
転廠制度の意義 加工貿易登記手冊とは?


■ランキングサイト:ビジネス最新の話題 中国事情が分かる!■
中国関連ブログランキングへ ビジネスブログ100選 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ FC2ブログランキング2 
中小企業の悩み スピード解決!!
モノづくり中小企業 儲かる工場作り改善プログラム
中国上海 試作・小ロット製造スピード受託サービス
ものづくり製造業のための業務マニュアル・パーフェクト作成ガイド!

スポンサーサイト
( 2013/01/24 07:17 ) Category 中国加工貿易 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
サービス一覧
会社概要
支援メニュー


無料サービス 
 ★無料メール相談
 ★無料書式フォーマット
 ★無料メール講座
 
有料サービス
 ★現場で使える技法セミナー
 ★企業訪問セミナー
 ★品質改善解説書販売


現場監督者の日常管理バイブル
スライド2.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/4M変更申請書/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


簡易法で手軽に予防処置が打てる
スライド3.JPG

 ⇒ 目次を見る

★添削問題/FMEAシート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


ヒューマンエラー要因を詳しく解説 スライド4.JPG

⇒ 目次を見る!

★別冊:最新センサー技術/添削問題/ヒューマンエラー予防処置  評価シート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


品質対策の王道を易しく解説
2段階法の習得で確実に不良が減る! スライド1.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/解析フォーマット付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


レーダーチャート解析でで弱みが見える スライド6.JPG

海外工場適用可 ★工程監査/システム監査チェックシート(3000円)


工場、生産工程静電気対策はこれで万全 スライド5.JPG

アース設置、アース配線、静電防止床、イオナイザー設置、静電防止服、靴など
★静電気対策マニュアル(3000円)

検索ワードランキング

検索ワードランキング全集計





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。