ブログランキング

ものづくり現場ですぐに使える品質改善技法解説書

中小製造業でも手軽に導入できる手法・ツール開発!高崎ものづくり技術研究所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

4M管理の具体的な方法(変化点を見逃すな!) 

4M管理(変化点管理)を実際に実施するにはどうしたら良いか?
4M管理のポイントは変化点を見逃すことなく捉え、予想される不具合を未然に防ぐ事です。


■ 工場の生産工程における4M
工場では生産の4要素「人 (Man)、機械 (Machine)、材料 (Material)、方法 (Method)」が生産や品質の管理を行うための重要な要素です。4Mが変化するとそれが原因で工程内で色々な不具合が発生するため、あらかじめ4Mの変化が起きないように、また変化が起きたときは予想される不具合を想定して、不具合が発生しないように管理を行うことが重要です。

(1)4Mの変化点と優先順位
では、4Mの変化点とはどのようなことを指すのでしょうか?以下に例を示します。
人(Man)・・・ 作業者の交代、現場管理者交代、始業/就業、深夜残業、休日出勤、病気、家庭事情・・・
機械(Machine)・・・ 修理、改造、点検、治具変更、型変更、故障、停電、破損・・・
材料(Material)・・・ 設計変更、メーカー変更、仕入れ先変更、購入ロット・・・
方法(Method)・・・ 作業方法変更、検査方法変更、工程変更、作業場所変更・・・

変化点はたくさんあり、全てを管理することは出来ません。そこでどの変化点を最優先に対応すべきかを決めます。優先順位付けは、変化点の発生頻度、製品の品質特性に与える影響度合、損失推定金額などを評価項目として、順位付けするという方法を取ります。

(2)変化点の定義と周知
優先順位付けされた変化点が決まったとしても、その変化点が現在起きつつある、あるいは今起きたということを何らかの形で知る必要があります。問題が発生してから、あの時のあの現象が変化点だったのだと、後悔しても後の祭りです。品質マネジメントシステムの規定の中で、決められた人が決められた通りに忠実に実行することで変化点が自ずと検知できるような仕組みを作っておきます。、

・設計変更の発生・・・設計変更が発生したとき、関連部署への設計変更通知の配布
・設備メンテナンス・・・メンテナンス予定表の配布
・定期的な生産会議、品質会議実施・・・材料の変更、治工具の変更、工程レイアウトの変更等の情報を、関連部署へあらかじめ通知し事前に対策が打てるようにする

(3)変化点の記録
また、不良の発生原因を追及したり、どのロットに影響を与えたかを後から調べるために変化点の記録を取ることも重要な管理の一つです。
・作業日誌・・・ 誰が,何日の何時から何時まで、何の作業をいくつしたか?を毎日記録する。
・設備記録・・・ 仕業点検、定期点検・部品交換、故障・修理の記録(いつどんな故障が発生し、いつ復旧したかを記録する。
・材料のトレーサビリティー・・・材料の入荷日、庫入日、庫出日、ロット番号、メーカー名等を記録する。
・設計変更記録・・・ 加工方法、作業方法、材料などの設計変更の内容、適用時期等を記録する。
・検査記録・・・ 抜き取り検査記録、寸法検査記録、不良品の修理記録等

(4)変化点発生時の処置
品質に重要な影響を与える変化点が発生したときは生産をそのまま続行するのではなく、変化点によって生産工程に支障が起きないかをます検討します。
・今までの製造方法を変更すること無く品質が確保できているか。
・その変化点内容が影響する管理ポイントは何か。新規に管理すべきポイントはないか。
・工程能力に変化はないか。影響があった場合は、所定の工程能力を確保するための対策はなにか。
・作業者変更の場合は、監督者が作業者の作業手順や生産された製品の“できばえ”を確認する。
・作業者変更後の製品を抜取り検査頻度を増加したり、測定個所を多くする。

(5)不良が流出してしまったら
不幸にして不良が流出してしまった場合は4Mのどの要因で不良が発生したのか、また流出したのかを、4M変化点の記録(3)項を基に調査し対策します。
その場合(2)項の変化点の定義と変化点発生時の処置に不備が無かったか?(4)項の変化点発生時の処理に問題は無かったか?について詳細に調べます。

そして、対策としては
・品質マネジメントシステムの規定を見直し変更する
・変化点の定義の見直しと関係部署周知の方法を見直し改善する
・変化点発生時の処置方法を見直し改善する
PDCAサイクルを回しながら、改善し管理のレベルアップを図っていきます。

■ 品質管理の目的
品質管理の目的は、外部から工程に不良を入れない、工程で不良を作らない、不良は外に出さないことです。それにはどうすれば良いか?工程を乱す要因は「ばらつき」です。一定のペースで工程を流すことを邪魔する「ばらつき」が4M変動です。4M変動をうまく捉え、コントロールすることによって不良の発生を未然に防ぐ事が出来ます。それが本当の意味の4M管理なのです(予防保全)

検査で不良の流出を防ぐことも品質管理の一つの方法ですが、それでは工程の無駄が生じ、しかも納期を守ることは難しくなります。
「強い工場」とは、「4M管理の仕組み」「PDCAを回す仕組み」がしっかり出来ていて、その通り実施している工場を指します。

4M変動管理について、もっと具体的な内容を知りたい方、資料をご希望の方は、資料請求・問い合わせフォームにてお問い合わせください。無料にてお応えします。
こちらから ⇒ 問い合わせ.jpg




過去の関連記事
中国工場管理の「切り口」とは
工場管理の切り口「4M」とは?
管理の4Mとは?
工場管理の切り口「4M」とは?PDCAサイクルとの関係
不良対策 中国工場品質管理のポイント
中国の工場で最初にやるべきこととは?(3)
4M管理の具体的な方法


強い工場作りプログラム



■ランキングサイト:ビジネス最新の話題 中国事情が分かる!■
中国関連ブログランキングへ ビジネスブログ100選 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ FC2ブログランキング2 
中小企業の悩み スピード解決!!
モノづくり中小企業 儲かる工場作り改善プログラム
中国上海 試作・小ロット製造スピード受託サービス
ものづくり製造業のための業務マニュアル・パーフェクト作成ガイド!

スポンサーサイト
( 2012/10/06 17:36 ) Category 中国工場のマネジメント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
サービス一覧
会社概要
支援メニュー


無料サービス 
 ★無料メール相談
 ★無料書式フォーマット
 ★無料メール講座
 
有料サービス
 ★現場で使える技法セミナー
 ★企業訪問セミナー
 ★品質改善解説書販売


現場監督者の日常管理バイブル
スライド2.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/4M変更申請書/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


簡易法で手軽に予防処置が打てる
スライド3.JPG

 ⇒ 目次を見る

★添削問題/FMEAシート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


ヒューマンエラー要因を詳しく解説 スライド4.JPG

⇒ 目次を見る!

★別冊:最新センサー技術/添削問題/ヒューマンエラー予防処置  評価シート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


品質対策の王道を易しく解説
2段階法の習得で確実に不良が減る! スライド1.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/解析フォーマット付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


レーダーチャート解析でで弱みが見える スライド6.JPG

海外工場適用可 ★工程監査/システム監査チェックシート(3000円)


工場、生産工程静電気対策はこれで万全 スライド5.JPG

アース設置、アース配線、静電防止床、イオナイザー設置、静電防止服、靴など
★静電気対策マニュアル(3000円)

検索ワードランキング

検索ワードランキング全集計





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。