ブログランキング

ものづくり現場ですぐに使える品質改善技法解説書

中小製造業でも手軽に導入できる手法・ツール開発!高崎ものづくり技術研究所

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国で安い金型を作る(完結編:こうして作る:ある中国ローカル企業の試み) 

今まで、安い金型作りについて、4M管理の人(Man)材料(Material)設備(Machine)の側面で分析してきたが、最後に方法(Method)の面から検討する。金型の価格、品質は、金型設計段階で90%以上決定してしまうということをこのシリーズ第1回目のブログ記事で解説した。金型を安く作るには、金型そのものの構造、精度、メンテナンス性、量産効率性、寿命などの要素を設計段階から検討して、要求される機能・品質と、ランニングコストも含めたトータルコストとのバランスを取り、もっとも効率の良い金型を作ることが必要になってくる。


(過去の記事)
中国で安い金型を作る(その1:安い金型とは?)
中国で安い金型を作る(その2:金型製造にかかわる熟練技能者)
中国で安い金型を作る(その3:中国製工作機械の精度は世界一)
中国で安い金型を作る(その4:中国製鋼材は高くつく)

■国際金型団地
広東省深セン市・東莞市、浙江省台州市・寧波市、江蘇省蘇州市は中国有数の金型産地である。その中で蘇州市の行政圏に含まれる昆山市の金型の生産は中国全体の10%を占めている。昆山市は、昆山国際金型団地の整備を進めており、団地内、団地周辺も含めて、金型製造、金型部品、金型設備、鋼材などを扱う企業や卸売業が集積する一大金型産地を形成している。

金型製造企業の購買部門は、この集積内でほとんどの金型部品、金型材料を調達することができる。当然材料や部品を扱う業者間では競争原理が働き、安くてより品質のよい商品を扱わなければ死活問題となる。金型企業は、顧客の要求レベルに添って部品や材料を選択することが求められる。

■中国ローカル企業の試み
では、実際どのようにして安い金型作りを目指しているのか、日系自動車部品メーカーに金型を納入している、昆山市のあるローカル金型製造企業にスポットを当ててみる。この会社のオーナーは、日本に留学し、その後も日本の金型会社に入社、17年間日本での生活を経験しており、日本的なモノ作りのスタイルを身につけている。

彼は、2009年に昆山市に金型製作会社を設立し現在に至っている。彼が目指すところは、昆山市の金型集積のメリットを生かし、日系企業よりも日本的な考えで金型を提供することである。実際に、部品や材料の業者と渡り合って、より安くて品質の良いモノを調達してくるのは、彼のような中国人でなければ不可能なワザなのである。

■金型コストの実際
金型を安く作る秘策などはあり得ない。金型作りの経験・実績から性能、品質などのバランスをとり、構造を決め、鋼材・部品を選定、加工方法を地道に検討し積み上げていくしか方法はない。

では、実際日本で製作する金型に比べ、中国ではどれくらい安く作れるだろうか?
日本で材料費350万円、加工費350万円、外注加工費150万円、利益150万円、合計1000万円の金型を中国で作った場合、一体いくらでできるだろうか?寿命は50万ショット以上、やや複雑な形状、精度の高いOA機器の大型部品と想定する。そしてかなり乱暴ではあるが品質・性能レベルを以下の3段階に設定する。

H ・・・ 品質、性能は十分なレベル
M ・・・ メンテナンス併用により品質、性能を達成できるレベル
L ・・・ メンテナンス併用するが品質、性能は保証の限りではないレベル

■Hレベル 材料費:350+加工費:245+外注費:105+利益:120=合計:820
 条件:材料・部品は日本から輸入するので価格は変わらない。加工費、外注費は人件費の分安くなる
■Mレベル 材料費:280+加工費:245+外注費:105+利益:100=合計:730 
 条件:材料、部品は中国国内製を使用する
■Lレベル 材料費:175+加工費:245+外注費:75+利益:80=合計:575
 条件:材料、部品は中国の安いモノを使用する。外注も一番安いところを使う。

結論として精度を要求される1000万円の金型は、中国では820万円~730万円で製作可能であるが、おそらくLレベルの575万円の金型は使い物にならないであろう。ただ、これはあくまでも一つの例であって、金型構造、加工方法の見直し、部品点数の削減によっても価格は下げられる余地がある。
中国金型は一概に安くなる,ならないと言うのではなく、それぞれのケースによって最適な金型を検討していく必要がある。

このシリーズは完結です!
少しでもお役に立てれば幸いです。

  ★金型見積りフォーム
  ★見積り受付手順
  ★お問い合わせ


中国で安い金型を作る(その1:安い金型とは?)
中国で安い金型を作る(その2:金型製造にかかわる熟練技能者)
中国で安い金型を作る(その3:中国製工作機械の精度は世界一)
中国で安い金型を作る(その4:中国製鋼材は高くつく)
中国で安い金型を作る(完結編:こうして作る:ある中国ローカル企業の試み)

中国金型産業 ■中国進出日系中小企業

 


■ランキングサイト:ビジネス最新の話題 中国事情が分かる!■
中国関連ブログランキングへ ビジネスブログ100選 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ FC2ブログランキング2 
中小企業の悩み スピード解決!!
モノづくり中小企業 儲かる工場作り改善プログラム
中国上海 試作・小ロット製造スピード受託サービス
ものづくり製造業のための業務マニュアル・パーフェクト作成ガイド!

スポンサーサイト
( 2011/10/11 06:42 ) Category 中国工場のマネジメント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
サービス一覧
会社概要
支援メニュー


無料サービス 
 ★無料メール相談
 ★無料書式フォーマット
 ★無料メール講座
 
有料サービス
 ★現場で使える技法セミナー
 ★企業訪問セミナー
 ★品質改善解説書販売


現場監督者の日常管理バイブル
スライド2.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/4M変更申請書/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


簡易法で手軽に予防処置が打てる
スライド3.JPG

 ⇒ 目次を見る

★添削問題/FMEAシート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


ヒューマンエラー要因を詳しく解説 スライド4.JPG

⇒ 目次を見る!

★別冊:最新センサー技術/添削問題/ヒューマンエラー予防処置  評価シート付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


品質対策の王道を易しく解説
2段階法の習得で確実に不良が減る! スライド1.JPG

 ⇒ 目次を見る!

★添削問題/解析フォーマット付き/無料回数無制限質問・相談サービス付き(3000円)


レーダーチャート解析でで弱みが見える スライド6.JPG

海外工場適用可 ★工程監査/システム監査チェックシート(3000円)


工場、生産工程静電気対策はこれで万全 スライド5.JPG

アース設置、アース配線、静電防止床、イオナイザー設置、静電防止服、靴など
★静電気対策マニュアル(3000円)

検索ワードランキング

検索ワードランキング全集計





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。